最近よく聞くフレーズ「無垢の家」一度は聞いたことがあると思います。

ですが、そのほとんどが表面に塗装や、オイルコーティングされているものが多いです。

それには訳があって、機械乾燥されたものが大半なので木の細胞が死んでいるからです。

木材は一定の温度を超えて急激に加熱すると持っている細胞が死んでしまうんです。

成分がなくなるり、水をかけるとカビたり、しみになったりします。

だから水分が入らないように塗装して表面を覆うということになります。

同時に木の呼吸まで止めてしまい、あばれを防ぐということです。

さて、木材に塗装するということは、ツルツルのゆで卵肌の赤ちゃんに厚塗りメイクをするようなものでしょう。(笑)

そうなると、木材の持つ肌触りも失われベタベタの床になるわけです。(笑)

つまり中身が無垢材でも表面を塗装しているとカラーフロアーと同じということです。

それなのにカラーフロアーの何倍もの値段で売られてたりしますから驚きます。

その無垢材が針葉樹となった場合にはもっとキズがつきやすいでしょう。

じゃあ塗装しなければいいというものではありません。機械乾燥では意味がないです。

もみの木の場合は針葉樹で、自然乾燥。しかも柾目の無節ですから調湿もする。だから少々水を撒いても平気です。

木材の成分も残ったままで、脂分も十分残っているためカビたりシミになったりしません。

なので、無垢材でサラサラな生活を送りたいのであれば営業マンに確認してみましょう!

「その木は自然乾燥ですか?」と。

「機械乾燥です。」と返ってきた場合にはベタベタな床でカラーフロアーと同じなのに高額な料金を払わされることになるでしょう。

どうとるかは人それぞれですが、建てる前には聞いておいたほうがいいでしょうね?

もみの木ハウス・大阪 代表取締役 濱本健太

濱本 健太

建てたばかりの自宅をもみの木で全面改装しました。
「家族が健康で永く住まうことのできる家」をできるだけ多くの人に届けたい。
そう考えて日々家づくりに励んでいます。

開催予定の見学会・イベント

【お住まい見学会】11/16・11/17→こちら

【10/26・10/27】ライフプラン相談会開催→コチラ

 

【毎週開催】もみの木の家体感→体感会

もみの木ハウス協会の会員ブログはこちら!

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・阪神」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ
「もみの木ハウス・香川」のブログ

技術の裏付けはここにある!→イノスグループ

SNSやってます!

Facebook:個人
インスタグラム:濱本工務店
インスタグラム:モミと家族プライベート
インスタグラム:モミと動物の日常
インスタグラム:個人

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。