家を購入して10年程たった時壁紙が剥がれてきた?

そんなことがよくあります。

これはビニールクロスによくみられる現象でしょう。

このビニールクロスですが当然ですが調湿はしません。

空気を吸ったり吐いたりしない呼吸をしない壁になります。

ですので湿気などが入ると厄介ですね。

表面がはがれだした。そうなった場合、壁の中は湿気でカビが生えている可能性が高い。汗

湿気が壁の中で納まりきらず表面に出てきているということです。

当初貼りたての時は表面にカビなどは見られないでしょう。

なぜか?

ビニールクロスは防カビ材が入っているため表面には出てきていないというだけなんですね。汗

これはサランラップを体にぐるぐる巻き付けているのと同じ状態で中はジメジメでとても心地よいとは言えません。

その防カビ材ですが化学物質で揮発成分ですので10年程で揮発してなくなります。

そうすると次はカビに悩まされることになる。

壁紙がはがれだした。こうなるのも防カビ材が切れて壁の中は悲鳴を上げているサインなんですね。

なのでメーカーなどは10年ぐらいで張り替えてください。と言うわけですね!

表面は張り替えて新しくなるけれども、壁の中の湿気は行き場を失う。

そうなると柱や梁までダメージを受けてしまう。

見た目だけ綺麗になったとしても家の強度は落ちますね。

そうなると家の価値は落ちますのでただ壁紙が剥がれただけというだけではすまない。

壁紙が剥がれだす。そうなった場合は注意が必要ですね。

 

もみの木ハウス・大阪 代表取締役 濱本健太

濱本 健太

建てたばかりの自宅をもみの木で全面改装しました。
「家族が健康で永く住まうことのできる家」をできるだけ多くの人に届けたい。
そう考えて日々家づくりに励んでいます。

開催予定の見学会・イベント

【ワークショップ】12/15→詳細

【お住まい見学会】11/16・11/17→こちら

【毎週開催】もみの木の家体感→体感会

もみの木ハウス協会の会員ブログはこちら!

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・阪神」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ
「もみの木ハウス・香川」のブログ

技術の裏付けはここにある!→イノスグループ

SNSやってます!

Facebook:個人
インスタグラム:濱本工務店
インスタグラム:モミと家族プライベート
インスタグラム:モミと動物の日常
インスタグラム:個人

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。