日本の住宅で現在使用されている殆どの壁紙が、ビニールクロスでしょう。

施工しやすいという事と値段も安い。それに施工性が良いので施工費用も安く済むでしょう。

ですが中に入っている成分がやばい。汗

「鉛」「カドミウム」「クロム」「水銀」「ヒ素」「セレン」などです。

これらの物質はみなさんご存知の通り猛毒です。恐

この物質が国の基準値の範囲内で入っているってことになります。

ですが住宅会社は知っていても大人の事情で言ってはくれないでしょう。笑

コスパが良いし施工もしやすい。よって利益が上がりやすいですからね。笑

「日本の基準値内で入ってるんで大丈夫ですよ」って事で説明されてそのまま使うことが殆どな訳ですが、この成分は空気中に揮発します。その揮発した成分を肺から取り込むと体内に蓄積することになります。

これらを小さな子供たちが吸うことになります。

うちの子供は鼻炎や肌が弱かったり喘息ということもありましたので、壁紙を張り替えました。

もちろんお客さんに建てている家には使っていません。

では何を使っているのかというと、ドイツのオガファーザーという壁紙です。

ドイツの新聞紙や木のオガクズを混ぜたものです。

ドイツの新聞紙は大豆インクですので体に変な影響はありません。

床面積の200パーセントはもみの木を貼ってその他にオガファーザーを使っています。

塗り壁は繋ぎに樹脂などが入っているののを知ったので使用していません。汗

ですから空気環境を考えて使用できる材料はほんのわずかに限られる。

それを知ってて使おうとは思いませんからね。

つづく

 

 

 

 

 

 

 

もみの木ハウス・大阪 代表取締役 濱本健太

濱本 健太

建てたばかりの自宅をもみの木で全面改装しました。
「家族が健康で永く住まうことのできる家」をできるだけ多くの人に届けたい。
そう考えて日々家づくりに励んでいます。

開催予定の見学会・イベント

【お住まい見学会】11/16・11/17→こちら

【10/26・10/27】ライフプラン相談会開催→コチラ

 

【毎週開催】もみの木の家体感→体感会

もみの木ハウス協会の会員ブログはこちら!

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・阪神」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ
「もみの木ハウス・香川」のブログ

技術の裏付けはここにある!→イノスグループ

SNSやってます!

Facebook:個人
インスタグラム:濱本工務店
インスタグラム:モミと家族プライベート
インスタグラム:モミと動物の日常
インスタグラム:個人

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。