日本の家の平均寿命は30年と言われていて短いです。

30歳で家を建てたとしたら、60歳ごろにまた建て替える必要がある。

基本的に短期間での建て替えとなるため、皆さんは出来るだけコストを抑えて建てたいと思われているでしょう。

コストを安く抑えると、家の性能は落ちる。そうすると長持ちする家にはなりません。

家は出来る限り長く住まえる家であるべきです。

長く住まえると自分たちが定年後も出費が少なくお金のかからない家になり、かからないどころか、賃貸として活用したりすることも可能。

初期コストが安くなかったとしても総合的に見れば長持ちする家の方がコスパは良い。

自分たち世代だけでなく、お子様や孫だって価値のある家が残れば経済的にも安定するでしょう。

最初の安さは魅力的だと思う方が多いでしょう。ただ、最初安い家の価値は新築時がマックスでその後だんだんと下落していきます。

欧米などは日本とは違い、長く住んだ家の方が価値は高いと考えられています。

住む側も家もお互いに長く活用でき、愛着がわく家に住むべきです。

もみの木ハウスはメンテナンスさえしていれば100年先も住まえるでしょう。

もみの木の家に住むと日々色々な変化があります。

それに気が付くのも面白いです。

手を加えれば加えるほど良くなり、共に暮らしている感覚です。

 

もみの木の家をイベントで体感

もみの木ハウス・大阪 代表取締役 濱本健太

濱本 健太

建てたばかりの自宅をもみの木で全面改装しました。
「家族が健康で永く住まうことのできる家」をできるだけ多くの人に届けたい。
そう考えて日々家づくりに励んでいます。

もみの木ハウスの資料をお届け!

もみの木ハウスの家づくりがよくわかる資料を無料でお届けしています。資料をご希望の方は以下のボタンよりお申し込みいただけます。
もみの木ハウス 資料請求

資料請求はこちらから

ラジオ・Youtubeやってます。

ラジオやってます!
⇒ FM大阪8.51MHz「もみの木ハウス通信
⇒ こちらから質問やメッセージをお願いします(^^)/ リクエストメッセージはこちらから

YouTubeやってます!!
「もみの木ハウス通信チャンネル」
もみの木の家に住んでみて。(お客様動画)はこちら!!

もみの木ハウス協会の会員ブログはこちら!

もみの木との出会いストーリー(ブログ)

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ
「もみの木ハウス・和歌山」のブログ
「もみの木ハウス・宮崎」のブログ

技術の裏付けはここにある!→イノスグループ

SNSやってます!

Facebook:個人 
インスタグラム:もみの木ハウスおおさか
インスタグラム:モミと家族プライベート
インスタグラム:モミと動物の日常
インスタグラム:個人

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

大阪の家づくり情報サイト「コダテル」に掲載されました。もみの木ハウス・おおさかの情報はこちらからもどうぞ。