もみの木の家は他の家と何が違うのか?

分かりやすいところで言うと、空気環境がまるで違うというところになります!

いつも空気がきれい!という事になります。

分かる人は入った瞬間に分かります。

 

さて、

普通の家の場合のほとんどが内装材はビニール製のものが使われていますから。

微量な静電気をおこす。そこにほこりなどがくっつきます。それに防カビ材も使われています。

防カビ材や接着剤の化学物質が揮発します。特に夏は非常に温度が高いですから半端ない量の化学物質が揮発します。

そうなると目がシバシバ・チカチカして、鼻水が出てきます。

しかも今の住宅はほとんどの場合が気密性が高い住宅ですから、室内はツーンとした化学物質の臭いが充満することになります。新築の臭いですね。

日本の住宅は24時間換気が義務付けられていますが、24時間換気は1時間に0.5回空気が入れ替わるようになってはいます。

ということは2時間に一回空気が入れ替わるという事になります。

ですが室内の内装材に化学物質や汚染物質がある場合、家の中にいる人はずっとその汚れた空気を吸っていることになります。

つまり、体に良くない空気環境で過ごしている。ということになります。

特に最近では外の空気もPM2.5や黄砂などもありますからこのような環境の家に住んでいれば外でも中でも

一日中悪い空気を吸っている。ということになります。

さて、空気環境の良し悪しをチェックする簡単な方法があります。

見学会などに行って新築の臭いがするのかどうか?

新築の臭いがした場合は、それはまぎれもなく化学物質の臭いということになります。

もみの木の家は新築の臭いがしません。

もちろん芳香剤も必要ないです。家で焼肉もできますからね!

 

 

 

 

もみの木ハウス・大阪 代表取締役 濱本健太

濱本 健太

建てたばかりの自宅をもみの木で全面改装しました。
「家族が健康で永く住まうことのできる家」をできるだけ多くの人に届けたい。
そう考えて日々家づくりに励んでいます。

開催予定の見学会・イベント

【ワークショップ】12/15→詳細

【お住まい見学会】11/16・11/17→こちら

【毎週開催】もみの木の家体感→体感会

もみの木ハウス協会の会員ブログはこちら!

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・阪神」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ
「もみの木ハウス・香川」のブログ

技術の裏付けはここにある!→イノスグループ

SNSやってます!

Facebook:個人
インスタグラム:濱本工務店
インスタグラム:モミと家族プライベート
インスタグラム:モミと動物の日常
インスタグラム:個人

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。