もみの木を使うと生活が大きく変わります!

内装材・特に床で家の性能は大きく変わると言えます。

もみの木の家で使うもみの木は、針葉樹・柾目しかも天然乾燥の無塗装品のもみの木になります。

一般の住宅会社に多い無垢材は・針葉樹もしくは広葉樹・機械乾燥の板目材の塗装品の無垢材になります。

見た目だけのデザインで言うとどちらを選ばれても好みでいいでしょう。

ですが、個人的な考えで言えば意味はあるのか??

と思います。

カラーフロアーも塗装した床も触れた感触は同じです。

もちろん調湿も消臭も空気清浄もしません。

ではなぜ塗装が必要なのか?

まず、普通の床の場合は機械乾燥になります。

木材は機械乾燥された時点で、木の精油や成分ほとんどなくなります。

つまり水がかかるとシミになる。

なのでシミにならないように水に触れないようにしないといけません。

つまり、塗装が必要になる。ということになります。

それと、普通の無垢材は板目材になります。

板目は読んで字のごとく木に反と書いて板目です!

板目は反りかえるので塗装で止めないといけません。ということになりますね!

要は、無垢材の変形や変色を止めるのに塗装で保護している。ということです。

そして住宅会社は大きければ大きいほどクレーム対処が大変ですので、いかにクレームをなくすか?

みたいなことにもなります。

お客さんが快適に住まう。という判断基準ではない。という事になりますね。w

もみの木の家は天然乾燥の柾目材それに無塗装ですから、水をこぼしても大丈夫!

それに自然乾燥されている柾目材ですので、油分も成分も残っています。

成分が残されていることにより、健康に暮らせることが出来ますから家族にとってもすごくハッピーですね!

もみの木ハウス・大阪 代表取締役 濱本健太

濱本 健太

建てたばかりの自宅をもみの木で全面改装しました。
「家族が健康で永く住まうことのできる家」をできるだけ多くの人に届けたい。
そう考えて日々家づくりに励んでいます。

開催予定の見学会・イベント

【ワークショップ】12/15→詳細

【お住まい見学会】11/16・11/17→こちら

【毎週開催】もみの木の家体感→体感会

もみの木ハウス協会の会員ブログはこちら!

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・阪神」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ
「もみの木ハウス・香川」のブログ

技術の裏付けはここにある!→イノスグループ

SNSやってます!

Facebook:個人
インスタグラム:濱本工務店
インスタグラム:モミと家族プライベート
インスタグラム:モミと動物の日常
インスタグラム:個人

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。