一昨年12月に現在もみの木がやってきているドイツに行きました。

もみの木が同様な場所からやってきていて、どんな環境で育っているかは興味大です。

ドイツは日本で言えば北海道と変わらないぐらいの緯度にあり、すごく寒い地域。

向こうに行った際、幸運ながらも伐採を見ることが出来ました。

ドイツは日本と違い、間引き材ではありません。

間引き材とは大きな木を育てるためにまわりの小さな木を間引いていくということです。

ドイツは逆で、大きくなりすぎた木を伐採します。

他の小さな木が大きな木の陰になると育ちにくいからですね。

そうすることで森も元気になります。

ただ単にむやみに伐採しているのではなく意味があるんですね!

そこにも驚きましたが、その迫力です。

とても大きなもみの木が大きな音とともに「ドーン」と倒れるのを目の前で見た時は興奮しましたね。

そしてドイツの建物はどの建物も歴史が古い。

築何百年もの家やアパートに人が普通に住んでいます。

日本で言えば家の寿命はおよそ35年ぐらいのものが多いのに対して比べ物になりません。

どれだけ歴史を重ねてもその建物の存在感は深みを増すんでしょうね。

日本と全く違った価値観だと思います。

本来家というのは何年も住み続けることが出来て、家族が安心して暮らせるものでなければいけないのですが、その根本的な部分を見て住宅を選ぶ人はどれぐらいいるのでしょうか。

そう感じたドイツ研修でもありました。

 

もみの木の家をイベントで体感

もみの木ハウス・大阪 代表取締役 濱本健太

濱本 健太

建てたばかりの自宅をもみの木で全面改装しました。
「家族が健康で永く住まうことのできる家」をできるだけ多くの人に届けたい。
そう考えて日々家づくりに励んでいます。

東大阪モデルハウス 期間限定公開中

サラッと軽い空気をもみの木モデルハウスで体感

もみの木ハウスの資料をお届け!

もみの木ハウスの家づくりがよくわかる資料を無料でお届けしています。資料をご希望の方は以下のボタンよりお申し込みいただけます。
もみの木ハウス 資料請求

資料請求はこちらから

ラジオ・Youtubeやってます。

ラジオやってます!
⇒ FM大阪8.51MHz「もみの木ハウス通信
⇒ こちらから質問やメッセージをお願いします(^^)/ リクエストメッセージはこちらから

YouTubeやってます!!
「もみの木ハウス通信チャンネル」
もみの木の家に住んでみて。(お客様動画)はこちら!!

もみの木ハウス協会の会員ブログはこちら!

もみの木との出会いストーリー(ブログ)

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ
「もみの木ハウス・和歌山」のブログ

技術の裏付けはここにある!→イノスグループ

SNSやってます!

Facebook:個人 
インスタグラム:もみの木ハウスおおさか
インスタグラム:モミと家族プライベート
インスタグラム:モミと動物の日常
インスタグラム:個人

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

大阪の家づくり情報サイト「コダテル」に掲載されました。もみの木ハウス・おおさかの情報はこちらからもどうぞ。