普通の住宅会社には営業が存在します。

彼らの仕事は、お客さんが契約するまで追いかける。どうやって契約をとるか。
契約が取れたら成績が上がり報酬がもらえます。

つまり営業マンの目的(ゴール)は家を建てるということではなく「契約」がゴールになります。

だって営業マンのゴールは、家を建ててもないのに建てる前の段階で終わってしまっている。ということです。(笑)
営業マンは契約するためなら何でも言います。「うちは坪単価が50万であそこみたいな造りに出来ますよ。」
「で自由設計なのでなんでもおっしゃってください。」
「分かりました。安いですね!50万であそこみたいな家が建つんですね!お願いします」「じゃあここにハンコをお願いします。」これでゴールです。(笑)

まだ工事がスタートもしていないのに目的は終わっています。ということになります。

そうなると後が大変なことになります。
営業マンの役目の部分で契約してしまっていて家の中身を見ていないことが間違いです。
「何でも言うことを聞いてくれそうないい人だし、それに自由設計で理想な家が建つんだし」みたいなことで契約してしまうと、後々後悔します。
営業マンの人柄がよくて、「住みやすい家」になることはまずないです( ゚Д゚)
「どんな家でも建ちますよ。何でもおっしゃってください」も危険です。
お客さんの思う通りに建てますよ。ということですから、お客さんはプロではないのに判断をゆだねてるってことなのですから。「その会社の理想の家というものがない」ということです。

間違うと大変な家が完成してしまいます。

お客さんに判断してもらったほうが会社側の責任はないので楽でしょうけど。

つまりその会社の家の性能がどうか?と永く住める家なのか?判断基準は「家」ということになります。
本当にもみの木の良さや家の良さをわかってもらっていれば、
家に対しての信頼関係は、その会社の「家に対する価値観」とお客さんの「幸せの価値観」
が一緒であれば勝手に生まれていくものだと思っています。

もみの木ハウス・大阪 代表取締役 濱本健太

濱本 健太

建てたばかりの自宅をもみの木で全面改装しました。
「家族が健康で永く住まうことのできる家」をできるだけ多くの人に届けたい。
そう考えて日々家づくりに励んでいます。

開催予定の見学会・イベント

【ワークショップ】12/15→詳細

【お住まい見学会】11/16・11/17→こちら

【毎週開催】もみの木の家体感→体感会

もみの木ハウス協会の会員ブログはこちら!

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・阪神」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ
「もみの木ハウス・香川」のブログ

技術の裏付けはここにある!→イノスグループ

SNSやってます!

Facebook:個人
インスタグラム:濱本工務店
インスタグラム:モミと家族プライベート
インスタグラム:モミと動物の日常
インスタグラム:個人

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。