「大きい家に住みたい」だれでも一度は思ったことがあるのではないでしょうか?

普通の会社の場合そう言われたら 会社「分かりました。じゃあ何畳のリビングですか?」

お客さん「20畳以上は欲しいですね。」会社「分かりました。じゃあ20畳のリビングをいれましょう。」

と普通の会社の場合、その先まで詰めて聞こうとはしません。「だってお客さんが希望するんだし言うこと聞いてればいい

んじゃないの?でないと契約してくれないし。」が本音ですね。

たとえ間違っていたとしてもお客さんの顔色を伺いながらプランを決めようとします。

一生に一度の大きな買い物なので、お客さんが理想の家にしたい気持ちは分かりますが、失敗したからって建て直すことは出来ません。

本当にそれだけの広さは必要なのか?当然ですが、家は大きくなればなるほど予算が高くなります。

それに大きくなったらなるだけ冷暖房費も高くなり、エネルギーもたくさん使うことになります。

会社側は、家が大きくなればなるほど儲かるのでそのまま聞き入れるでしょうね?

正直大きい家がどうのこうのではなくて、大きい家と小さい家では断熱性能も変わる。ということです。

大きい家より小さい家のほうが断熱性能は良くなります。

ようは、同じ環境で暮らした場合、小さい家のほうが光熱費は安くなり大きい家のほうが光熱費は高くなる。

ということです。

光熱費は建ててからでないと分からないことなので、知らないと大損することになる。

しかも子供は高校を卒業すると家を出ることがほとんどです。

そうなると、後は夫婦だけになり大きい家はさらに大きく感じることでしょう。

でも多額のローンは払いつづけることに。

多くの住宅会社の場合大きい家を建ててもらったほうが儲かりますので、(笑)「大きい家のほうがいいですよ!」

というかもしれません。

ですが、20年先も見越している会社だと大きい家は進めてはないです。

将来のことを考えた理由もあるからですね!

なので言うことを聞いてくれる会社はいい会社なのか?

ということを建てる前に注意することが大事ですね!

もみの木ハウス・大阪 代表取締役 濱本健太

濱本 健太

建てたばかりの自宅をもみの木で全面改装しました。
「家族が健康で永く住まうことのできる家」をできるだけ多くの人に届けたい。
そう考えて日々家づくりに励んでいます。

開催予定の見学会・イベント

【お住まい見学会】11/16・11/17→こちら

【10/26・10/27】ライフプラン相談会開催→コチラ

 

【毎週開催】もみの木の家体感→体感会

もみの木ハウス協会の会員ブログはこちら!

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・阪神」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ
「もみの木ハウス・香川」のブログ

技術の裏付けはここにある!→イノスグループ

SNSやってます!

Facebook:個人
インスタグラム:濱本工務店
インスタグラム:モミと家族プライベート
インスタグラム:モミと動物の日常
インスタグラム:個人

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。