家の間取りをどうするのか?

普通の家の場合は、お客さんに全てを聞きながら進めていく事が普通になります。

つまりお客さんに要望を聞いてそれそのままの家を作るという事ですね。

ですが、お客さんは家の事に関しては素人です。

理想的な家って人それぞれあるのは分かります。「リビングは20畳は欲しいわー」みたいにですね。

家族構成にもよりますが20畳っていったら相当広いことになる。

家族4~5人で住むには広すぎます。

よく聞いたりするのが「友達を沢山呼んでパーティーしようと思って。」

などですね。

でも友達を呼んでパーティーってそんな毎日するのか?ってことです。

良く集まっても月一ぐらいではないでしょうか?

って話になります。

一般的に家は家族が生活をして子育てをする場所だという事。

ですから、20畳のリビングを10畳にしてその余った部分を家族が生活がしやすいように振り分けたほうがいいという事ですね。

その方が必ず生活がしやすくなり、住み心地がいい家になると思いますね。

かと言えどこにお金をかけるのかは、お客さん次第という事にはなりますが。

でも自分たちがしないといけない事はお客さんに幸せに暮らしてもらえるような家を建てる事。

なので、お客さんより先の未来を見ておかないといけないと思っています。

そうなるには少し先の事を助言してあげて「こうするほうがいいですよ。」

と言ってあげる事で後々後悔はしない家づくりになると思っています。

はっきり言って「どんな家が良いですか?」そう聞いた方が自分たちからすると簡単ですし楽ですけどね?

でも言われた通りにやって後々「何で最初に言ってくれなかったんですか。言ってくれれば最初からそうしたのに!」

こうなりますから絶対に後悔しないためにはやっぱり「この方がいいですよ。こうした方がいいですよ」

そう言ってあげようと思っています。

 

もみの木ハウス・大阪 代表取締役 濱本健太

濱本 健太

建てたばかりの自宅をもみの木で全面改装しました。
「家族が健康で永く住まうことのできる家」をできるだけ多くの人に届けたい。
そう考えて日々家づくりに励んでいます。

もみの木の家に住んでみて。(お客様動画)はこちら!!

 

開催予定の見学会・イベント

【もみの木の家見学会】入居済2/23(日)(予約制)

【毎週開催】もみの木の家体感→体感会

もみの木ハウス協会の会員ブログはこちら!

もみの木との出会いストーリー(ブログ)

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・阪神」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ
「もみの木ハウス・香川」のブログ

技術の裏付けはここにある!→イノスグループ

SNSやってます!

Facebook:個人 
インスタグラム:もみの木ハウスおおさか
インスタグラム:モミと家族プライベート
インスタグラム:モミと動物の日常
インスタグラム:個人

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

大阪の家づくり情報サイト「コダテル」に掲載されました。もみの木ハウス・おおさかの情報はこちらからもどうぞ。

タグ