家の値段は中々分かりにくい。

なぜか?

それは売る側もはっきりしたことが言えない。

これが本音でしょう。

「値段を伝えたらお客さんが契約してくれないかも?」ってことで表向きの値段で出して契約後オプションでお金を引き出す。

残ねんですが多くの住宅会社では普通になります。汗

でもお客さんからすると分かりにくい不透明なお金になるわけです。

なので契約後「これはオプションになります」「そんなの聞いてない」みたいなやり取りになってお客さんは不信感を抱くことになる。

こんなやり取りがごく普通に行われているのが住宅業界ですね。

お客さんからすると「最初から言ってくれればよかったのに。」

ってなるのも分かります。

さて、

この不透明なお金。家の値段ですが、

住宅会社によって色々出し方が異なります。

素人の人が分かりにくい中で「坪単価」というものがあります。

この坪単価ですが多くの会社が本体工事としての「坪単価」ってことになります。

これとは別に「付帯工事」「諸経費」みたいな項目になります。なのであまりあてにはなりません。

ここで気を付けないといけないのがこの付帯工事っていうのが会社によって大きく差があるってこと。

なので素人の人が良く聞く「坪単価いくらですか?」以外にもお金がかかるってことですね。

実際にローコストを前面に打ち出して建物の坪単価70万円となっていたとしても付帯工事がすごい金額になっていたり目には見えないお金が大きくかかるってことになります。

それも含めて安い場合は家の材料のランクを下げているのと性能を下げている。

つまり、住みにくい住宅という事になりますね。

「それでもいいから安い方がいい。」って人はそれでも問題ないでしょう。

ただ言えることは長持ちはしません。そのあとのメンテナンス費用や光熱費がバカほど高くつくパターンですね。

それじゃあ意味がありません。肝心なのは建てる家がどうか?よく考えないと後でお金がかかります。

表面上の値段を見ても意味がありません。

もみの木ハウス・大阪 代表取締役 濱本健太

濱本 健太

建てたばかりの自宅をもみの木で全面改装しました。
「家族が健康で永く住まうことのできる家」をできるだけ多くの人に届けたい。
そう考えて日々家づくりに励んでいます。

開催予定の見学会・イベント

【ワークショップ】12/15→詳細

【お住まい見学会】11/16・11/17→こちら

【毎週開催】もみの木の家体感→体感会

もみの木ハウス協会の会員ブログはこちら!

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・阪神」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ
「もみの木ハウス・香川」のブログ

技術の裏付けはここにある!→イノスグループ

SNSやってます!

Facebook:個人
インスタグラム:濱本工務店
インスタグラム:モミと家族プライベート
インスタグラム:モミと動物の日常
インスタグラム:個人

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。