そのあとをどうするか?

先をどうするか?

ここは考えておかないと損をします。

だいたいのお客さんが「今」を考える事が精一杯になることが多いかとは思います。

ですが、そのあとの事を考えると答えが見えてきたりもするでしょう。

家を購入する際に「今」の事しか出てこないのは現実的ではないのかなと思いますね。

今は良くても家というのは当然ですが価値は落ち続ける。。

それを考えたときにどうするのが一番得なのか?

そこをしっかりと判断する事が重要ですね。

ですので最初の計画というのはすごく大切で、今安い方がいいという考え方でいくと失敗します。

じゃあどうするほうが得なのか?

それは人それぞれ条件によって変わるかとは思います。

ですが確実に言えるのが家は永く住める状態の家の方が確実にいい。

計算してみると分かります。

今安く済ませて短寿命な家で最初は安く済んだとします。2000万です。

ですが寿命で言うともって30年。その間も修繕費がかかる家。住み心地も性能も値段なりの家。

2000万÷30年=666.666円(年)+修繕費(30年で500万とします)=年間で¥833.332円

 

今お金がかかるが長寿命で100年は住まえる。値段は2800万。しかも住み心地も良い。メンテナンスも少なくてすむ。

この場合売るとした場合でも高い価値がつくでしょう。そうなるとこうなります。

2800万÷100=280.000円+修繕費(100年で500万とします)=年間で¥330.000円

 

長寿命の方が年間で503.332円も得をします。 30年で1500万。 という事は2000万だった家は30年で比べた場合の値段で言うと、3500万ということになりますね。

長寿命の家の方が安いということですね。一方で安い方の家は性能も値段なり。当然ですが住み心地は悪いわけです。

なので、「最初安いは後で高い」という事が言えるという事になりますね。

その後の事をしっかり考えておかないといい買い物とはなりません。

 

 

もみの木ハウス・大阪 代表取締役 濱本健太

濱本 健太

建てたばかりの自宅をもみの木で全面改装しました。
「家族が健康で永く住まうことのできる家」をできるだけ多くの人に届けたい。
そう考えて日々家づくりに励んでいます。

開催予定の見学会・イベント

【お住まい見学会】11/16・11/17→こちら

【10/26・10/27】ライフプラン相談会開催→コチラ

 

【毎週開催】もみの木の家体感→体感会

もみの木ハウス協会の会員ブログはこちら!

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・阪神」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ
「もみの木ハウス・香川」のブログ

技術の裏付けはここにある!→イノスグループ

SNSやってます!

Facebook:個人
インスタグラム:濱本工務店
インスタグラム:モミと家族プライベート
インスタグラム:モミと動物の日常
インスタグラム:個人

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。